一度しかない人生           楽しまないとね(笑)
  by うっぴー\(^o^)/
カテゴリ
全体
ご挨拶(^^)
ピザ(笑)
映画
ドラマ
アニメ
PCに遊ばれて・・・(パズル)
えっとぉ~(^^;
お出かけ♪
うっぴーのtwitter
--------------------
LBH(이병헌)♡
LBH ON TOUR 2014
LBH ARENA TOUR 2007
イベント
--------------------
JKS(장근석)♡
2017 CRI SHOW ロキュ
2017 JKS FC GIFT
第3回 ときラブファンミ 2016
TEAM H PARTY 2016
ENDLESS SUMMER 2016
「テバク」日本語訳
第2回 ときラブファンミ 2015
LIVE IN JAPAN 2015
2015 TEAM H ハロパ
2015 JKS CRI SHOW Ⅲ
2015 CAMPプレミアム試写会
2015 JKS FC GIFT 入待ち
第1回 ときラブファンミ 2015
2014 TEAM H PARTY
a-nation island 2014
2014 キレイな男 夏祭り
2014 ZUSHI FES
2014 キレイな男 FM
2013 ZIKZIN in ZEPP
2013 ZIKZIN fes.
ロッテ免税店 短編映画
ロッテ免税店 カレンダー
TEAM H★STYLE
検索
最新のコメント
うっぴーさん、こんにちは..
by fumi at 13:58
Kstyle、他にもいっ..
by うっぴー at 11:41
◆youさん こんにち..
by うっぴー at 11:38
◆fumiさん こんに..
by うっぴー at 11:31
こんばんは(*^_^*)..
by you at 22:00
うっぴーさん、こんにちは..
by fumi at 14:58
グンちゃんは、今 どこに..
by うっぴー at 08:34
◆fumiさん おはよ..
by うっぴー at 06:44
もうぐんちゃんトレインは..
by fumi at 16:06
グンちゃんトレインだった..
by うっぴー at 14:23
今頃 グンちゃんは、剥..
by うっぴー at 11:21
◆fumiさん こんに..
by うっぴー at 11:19
うっぴーさん、おはようご..
by fumi at 08:07
2日間、なんとか時間を作..
by うっぴー at 11:14
◆fumiさん こんば..
by うっぴー at 19:07
◆youさん こんばん..
by うっぴー at 19:00
うっぴーさん、こんにちは..
by fumi at 13:37
うっぴーさん こんにちは..
by you at 11:23
今日(8/18)のラジオ..
by うっぴー at 08:26
◆fumiさん おはよ..
by うっぴー at 08:17

JKS 関連のスケジュール
クリックすると
カレンダーが出てきます♪



おともだち(^^)
じゃっくの「のんびりまったり」
Thinking of my dear LBH


うっぴーのtwitter
FCの会員でないと
見られない内容などを
グンちゃんサイドが発表した時
リツイートしたりしてます。
って、この項目を追加したことを
誰も気づかなかったりして(笑)


うっぴーのInstagram
どうやって使うのか
まだいまいち分かりません(笑)


【うっぴーのNAVER まとめ】
グンちゃん関連の予定

グンちゃんのtwitter

グンちゃんのInstagram

グンちゃんのweibo

グンちゃんのtwitpic


[Link]
【LBH】
BH Entertainment
(LBH所属事務所)


LBH 日本公式ファンクラブ

[twitter]
LBH FC事務局

[facebook]
イ・ビョンホン
ジャパン オフィシャル
ファンクラブ



【JKS/TEAM H】
JKS 日本公式ファンクラブ

JKS 韓国公式ファンクラブ

Tree J company(JAPAN)
(JKS所属事務所)


JKS CRI J
韓国公式ファンクラブ


JKS 中国公式ファンクラブ

TEAM H チャン・グンソク
オフィシャルブログ


[NAVER]
트리제이 컴퍼니(Tree J)
(韓国NAVER POST)


[twitter]
Jang Keun Suk 장근석

チャングンソクJapan Fanclub

트리제이컴퍼니(Tree J)

장근석공식팬클럽Cri-J

Collecte De Zikzin

AP SHIBUYA SHOP

bigbrother

秋山 成勲 추 성훈

#프라임(プライム)

[Instagram]
グンちゃんのIG
2017年1月25日~
新しく始まりました♪
_asia_prince_jks


こちらは休眠状態です。
APJ_JKS Asia Prince JKS


Bigbrother

조선희(チョ・ソンヒ)

Cherry

no one

프라임 = PRHYME

추성훈 秋山 成勲

tvN

[facebook]
AsiaPrince_JKS(日本)

Team lounge h

Team H Philippines

정준형(프라임)

DOOTA DUTY FREE

[weibo](中国版twitter)
张根硕

张根硕大中华区官网
(張根碩大中華区/公式サイト)


JasonJang

咖啡陪你caffebene

统一鲜橙多

[you tube]
You Tube Official channel
(PrinceJKS)


[iTunes Podcast]
장근석의 ZIKZIN Radio

[UNIVERSAL
MUSIC JAPAN]

JANG KEUN-SUK

[PONYCANYON]
PONYCANYON
OFFICIAL SITE



[ドラマLink]
대박(テバク)」
SBS公式ホームページ(韓国)


キレイな男
公式ホームページ(日本)


예쁜남자(キレイな男)」
KBS公式ホームページ(韓国)



[映画Link]
G.I.ジョー
バック2リベンジ

公式サイト(日本)


G.I Joe:
Retaliation

公式サイト(米国)



[動画Link]
【LBH】
イ・ビョンホン作品


【JKS】
チャン・グンソク作品


カウンター

カウンター



アクセス解析




AX
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月


カテゴリ:映画( 84 )
ドレミファソラシド (韓国・2008年)
【あらすじ】
女子高生のジョンウォン(チャ・イェリョン)は、親友ユナ(イ・ウン)の代理で
遊園地で怪獣の着ぐるみのアルバイトをしていた時に
男子高校生にからかわれたことで怒って喧嘩になった。

ある日の夜、ジョンウォンはコンビニにアルバイトへ行くため
隠れるように屋上から降りていた時、
最近隣に引越してきた若い男に声をかけられた。

若い男の正体は、以前ジョンウォンが遊園地で喧嘩をした相手で、
「ドレミファソラシド」というバンドのボーカル&ギターをしている
男子高校生のウンギュ(チャン・グンソク)だった。

ジョンウォンは、親に内緒でアルバイトをしていたため
ウンギュに弱みを握られ、
一週間だけウンギュの荷物持ちをすることになった。

頻繁に会うようになったジョンウォンとウンギュは
急速に接近していった。

そんなある日、ジョンウォンはウンギュのバンドの練習スタジオに行くと
幼なじみのヒウォン(チョン・ウィチョル)と再会した。
ヒウォンは、ウンギュと同じバンドのベースを担当しており、
ウンギュとは親友だった。

しかしジョンウォンとヒウォンの間には暗い過去があり、
ウンギュ、ジョンウォン、ヒウォンの3人の関係が変化していくが・・・。

【一口メモ?】
制作は2006年です。
制作費の問題で、撮影が途中で1年くらい中断し、
残りの部分を後から撮影しました。

お蔵入りしていたため、公開まで数年かかりました。
チャン・グンソクさんの人気が出たため
公開になったらしいのですが、観客動員数は20万人と
あまり振るわなかったです。

原作はインターネット作家・クィヨニさんの小説の映画化で、
映像化は3作目です。
ちなみに他の2作は「オオカミの誘惑」(カン・ドンウォン主演)と
「あいつはカッコよかった」(ソン・スンホン主演)です。

【出演】
チャン・グンソク/チャ・イェ リョン/チョン・ウィチョル/イム・ジュファン/他

【感想?】
なんか観ていて違和感を感じていたので
撮影が途中で中断して、後から残りの部分を撮影したと知り
あぁ~、グンちゃんが少し大人になっていたのね
と、妙に納得しました。

下の画像を見て頂ければ、その違いを分かって頂けるかと(笑)
上はあどけなさが残っているけど
下は少~し大人になっているでしょ^^?
えっ?撮り方の問題?
いや~ん、少し色気が出てるでしょ?(笑)

私は下のグンちゃんのほうが好みです♪
って、誰も聞いてないからぁ~(爆)
c0079091_018303.jpg

c0079091_0185167.jpg







ここから下はテキスト広告です(^^;;;
広告は出たり出なかったりするようですが・・・・・・。
[PR]
by uuuppi | 2014-03-13 00:20 | 映画 | Comments(0)
着信アリ Final (日本・2006年)
【あらすじ】
高校の修学旅行で韓国に行くことになった草間えみり(黒木メイサ)は
インターネットで知り合った韓国人の男友達アン・ジヌ(チャン・グンソク)に
会えることを楽しみにしていた。
そんな中、修学旅行中にクラスメートの携帯電話から
聞き覚えのある着信メロディが流れ出す。
それは鳴れば必ず死に至る、あの『死の着メロ』だった・・・。

【一口メモ?】
秋元康さんの企画・原作のホラーの第3弾です。
堀北真希さんと黒木メイサさんのダブル主演です。

【出演】
チャン・グンソク/堀北真希/黒木メイサ/板尾創路/他

【感想?】
怖いと思っていましたが、
井戸から出てくるヤツよりは
怖くなかったです(^^;

この映画のグンちゃん 先生役なのね・・・。
勝手に生徒役だと思い込んでいたので
最初観ていて、あれ^^?という感じでした(笑)

役の設定上、グンちゃんの声は聞けないけど、
グンちゃんの息遣いが聞けます♪

途中から内容ももちろん観ていましたが
グンちゃんの息遣いのほうが気になって
出てくる度にどうよ?聞こえる^^?
と耳を澄まして観ていました(ーー;;;

だからと言って、よく聞こえるようにと思っても
イヤホンで聞く勇気はありませんでした(ToT)
だって、怖いじゃない(笑)

私は基本的に日本のホラーものが苦手ですが
これは何とか大丈夫でした(^^)v

周りの人に不思議がられますが、
私は洋画のホラーものは大丈夫です。
怖いけどね・・・。

これからご覧になるうなぎさん(グンちゃんファンね)は、
ぜひグンちゃんの息遣いを聞いてみてね(爆)
c0079091_2011254.jpg







ここから下はテキスト広告です(^^;;;
広告は出たり出なかったりするようですが・・・・・・。
[PR]
by uuuppi | 2014-03-06 20:15 | 映画 | Comments(2)
待ちくたびれて (韓国・2008年)
【あらすじ】
4組の異なるカップルの下に、国から兵役の招請の報せが届く。
彼氏が軍隊に行ってしまってから、残された彼女たちの日常は狂い始め、
日を追うごとに彼への愛に疑問を抱くようになるが・・・。

6歳の年の差カップルの22歳・大学生のパク・ウォンジェ(チャン・グンソク)と
28歳・理学療法士のキム・ヒョジョン(ソン・テヨン)。

熱愛中の大学生カップルのカン・ジナ(ユ・イニョン)とチョン・ウンソク(キム・サノ)。

バンドのギタリスト、ソ・ミンチョル(デニー・アン)に片思いをしている
同じバンドのキーボード、ナム・ボラム(チャン・ヒジン)。

大人っぽい格好でクラブで踊るのが大好きな高校生、チョ・ビアン(ハン・ヨルム)と
その店のウェイター、ホ・ウク(ウ・スンミン)は同棲中。

この4組のカップルの入隊から除隊までの
730日間の迂余曲折を描いたロマンチック・コメディー。

【一口メモ?】
チャン・グンソクさんの出演作を上映する「チャン・グンソク祭」で
2011年に日本で劇場初公開されました。

原題の「기다리다 미쳐」は、「待つのが狂おしい」で、
英語題は「Crazy For Wait」です。

チャン・グンソクさんはこの映画で初のベッドシーンの撮影をしました。

【出演】
チャン・グンソク/ソン・テヨン/チャン・ヒジン/デニー・アン/他

【感想?】
ん~~~、日本語の字幕ではなく英語の字幕で観たせいかなぁ・・・。
ちょっと細かいところの描き方がいまいち?
私の好みの映画ではなかったです(^^;
日本語の字幕で観たら、違うように感じるのかなぁ・・・。

で、4組も一気に話を進めるから、
話があっちに行ったりこっちに行ったりで視聴者おいてきぼり?
それぞれの組を絡めたいなら、中途半端に絡めず
もっときちんと絡めればいいのに・・・。

むしろ1組ずつ短編で一気に作って
完全に4編のオムニバス形式にすれば
分かりやすかったと思うんだけど・・・。

いつか日本語字幕を観る機会があったら、もう一回観てみようっと♪

あっ、グンちゃんの初のベッドシーンですが
あれはベッドシーンと言っていいのかな?という感じです(笑)
本人は緊張したそうですが
撮影当時、グンちゃんは20歳だったから緊張したのかな^^?

肌を露出してのベッドシーンというのかどうかは分かりませんが
『メリは外泊中』の3話の終わりの方のベッドでのシーンのほうが、
よっぽど色っぽかったんですけど(//∀//)

『メリは外泊中』撮影当時のグンちゃんは23歳だったけど
たった3年であんなに色気がでるものなの?(笑)
c0079091_16264282.jpg







ここから下はテキスト広告です(^^;;;
広告は出たり出なかったりするようですが・・・・・・。
[PR]
by uuuppi | 2014-01-22 16:29 | 映画 | Comments(6)
きみはペット (韓国・2011年)
【あらすじ】
エリート街道を歩んできた出版社勤務の
キャリアーウーマンであるチ・ウニ(キム・ハヌル)は
恋人にフラれ、職場では左遷され、
初めて味わう挫折に、失意のどん底にいた。

そんなある日、ウニは自宅のバスルームで
見知らぬ男の子を見つけてビックリ!!
彼の名はカン・イノ(チャン・グンソク)。

イノは、将来を嘱望されていたにもかかわらず、
イギリス留学中にプリマドンナに大怪我させたことを悔やみ続ける
一文なしだがイケメンの落ちこぼれダンサーである。

家を追い出されたイノを泊め、「部屋代」を稼ごうとした
ウニの弟チ・ウンス(チェ・ジョンフン)がイノを連れてきたのだった。
当然、イノを泊めることにウニは猛反対。

ある雨の夜、
ウニが自宅マンション前に置き去りにされていたダンボールを見つけ
おそるおそる箱を開けると
そこには、ずぶ濡れ姿で座り込んでいるイノが入っていた。

行き場のないイノは友達でも恋人でもなく「ペット」として
ウニの家に一緒に住むことになり、
ふたりの奇妙な同居生活が始まったのだが・・・。

【一口メモ?】
小川彌生さん原作の恋愛コミックを
日本ではTVドラマ化(出演:小雪/松本潤/他)(2003年)
韓国では実写映画化されました。

2011年11月2日、韓国の男性差別に反対する人権団体が
「面白さの為に人格が冒涜されるのは許せない」として、
『きみはペット』の上映中止を求め、映画配給会社を相手に
ソウル中央地方裁判所に上映中止の仮処分を申請しました。
しかし、ソウル地裁はこの訴えを同月9日に棄却しました。

【出演】
チャン・グンソク/キム・ハヌル/リュ・テジュン/チョン・ユミ/他

【感想?】
日本版の小雪さんと松潤のドラマを先に観ていたので
正直、この韓国版の映画は観る気がしませんでした。

公開当時、映画の宣伝をしてたのを覚えてるし←えっ?覚えてるの?(笑)
映画自体があることは知っていましたが、
その時の感想は
「え~~(ーー゛) 小雪と松潤がよかったから
キム・ハヌルとチャン・グンソクはイメージが違うぅ~(-_-メ)
特にキム・ハヌルは絶対に違う(-_-;)」
と思っていたので、観てませんでした。

ところが、グンちゃんに墜ちてからこの映画を観たら
不思議だねぇ~、嫌じゃない(笑)

日本版とは別物として観れました。
そう思って観ると、これはこれでありかな?と思いました。
c0079091_17364282.jpg






ここから下はテキスト広告です(^^;;;
広告は出たり出なかったりするようですが・・・・・・。
[PR]
by uuuppi | 2013-11-27 17:36 | 映画 | Comments(0)
美男<イケメン>ですね(劇場編集版) (韓国・2009年)
【あらすじ】
シスターになるため修道院で修行中のコ・ミニョ(パク・シネ)には
双子の兄であるコ・ミナム(パク・シネ/1人2役)がいる。

その兄は行方不明の母を探すために歌手になるという夢を抱いていた。
ミナムは晴れて大人気イケメンバンド『A.N.JELL(エイ・エンジェル)』の
新メンバーとして加入することになった。

しかし、ミナムは整形に失敗してしまい、
すぐさまバンドへ合流できなくなってしまった。
困ったマネージャーのマ・フニ室長(キム・イングォン)は
ミニョに「1ヶ月だけ兄の代わりをしてくれないか?」と頼みこむ。

困惑しながらも、兄がバンドに加入した理由を知ったミニョは
髪を切り、女であることを隠して
ミナムとして『A.N.JELL』に加入することを決めたが・・・・・・。

【一口メモ?】
ドラマ版の全16話を編集した劇場編集版です。

ジェルミ(イ・ホンギ)がバスで歌うシーンがありますが、
ドラマだと歌を差し替えられていましたが、
劇場編集版はそのままオリジナルが使われていました。

【出演】
チャン・グンソク/パク・シネ/ジョン・ヨンファ(CNBLUE)/イ・ホンギ(FTisland)/他

【感想?】
ん~~~、ドラマを先に観ていたので、内容を知っていましたが
いきなりこの劇場編集版を観た場合、内容が分かるのかしら^^?
という感じです(^^;;;

「ラブレイン」の方は劇場版にした時、うまくまとめてあったのになぁ・・・。
美男<イケメン>ですね(劇場編集版)も「ラブレイン」と同じように
いきなり劇場編集版を観てたら、内容は分かったのかしら^^?

今となっては確認のしようがありませんが(笑)
だって、すでにドラマ版を観た後だったんですもの(ーー;
c0079091_2241010.jpg







ここから下はテキスト広告です(^^;;;
広告は出たり出なかったりするようですが・・・・・・。
[PR]
by uuuppi | 2013-11-22 22:15 | 映画 | Comments(0)
ラブレイン<劇場ver.>禁じられた愛 (韓国・2012年)
【あらすじ】
美術の教授であるイナ(チョン・ジニョン)。
その息子ジュン(チャン・グンソク/一人二役・イナの学生時代とジュン)は
売れっ子だが毒舌家で自信家のフォトグラファー。
ジュンは、撮影のため雪の降り積もる北海道へ。

樹木医であるユニ(イ・ミスク)。
その娘ハナ(ユナ/一人二役・ユニの学生時代とハナ)は
北海道の大学でガーデニングを学んでいた。

ジュンとハナの2人は北海道のとある駅でぶつかり、
ハナの携帯電話が、偶然 ジュンのポケットに入ってしまった。

ハナは携帯電話を取り戻そうとジュンに連絡を取るが、
2度もすっぽかされてしまう。
その頃、興味本位からハナの携帯電話を見たジュンは、
ダイヤモンドスノーの映像に目を奪われ、ハナに道案内を頼むが・・・。

【一口メモ?】
大ヒット韓国ドラマ「冬のソナタ」のユン・ソクホさんが監督を手がけ、
チャン・グンソクさんとユナさん(少女時代)が
それぞれ一人二役をつとめ、話題となった韓国ドラマ「ラブレイン」。

その「ラブレイン」がファンの熱烈な支持を得て、
『ラブレイン<劇場バージョン>』二部作となって
日本で世界初上映されることになりました。
「禁じられた愛」編は後編で、ドラマの後半、2012年の部分です。

エンドロールでは初公開の未公開映像のNGシーンが上映されました。

【出演】
チャン・グンソク/ユナ(少女時代)/チョン・ジニョン/イ・ミスク/他

【感想?】
私は2012年の部分のドラマを観ていない状態で
知っている内容は
グンちゃんとユナさんが一人二役ということだけでした(^^;

ドラマの16話分をたった2時間にまとめるので
一緒に観に行ったうな友さんたち(チャン・グンソクさんファンの友達です)は
「ドラマを観てない人が観て、分かるのだろうか?」と
劇場版を観る前も観た後もずっと懸念されていました。

私は全くのサラの状態で観ましたが、話の内容は分かりました(^^)v

後日、2012年の部分のドラマを観ました。
まぁ~劇場版は2時間なので当たり前ですが、
かなりばっさりとカットされていました。

でもうまく編集されていました。
ドラマをカットして単純に順番通りに繋いだのではなく、
前後を入れ替えたりして、話が分かるようになっていました。

ドラマを観た後だと、うな友さんたちが懸念していたことが分かりました。
私も同じように感じました。
「ドラマを観てない人が観て、わかるのだろうか?」と(笑)

前編の「運命の恋」の部分のドラマは
日本完全版を観ていないので分かりませんが
後編の「禁じられた愛」の部分のドラマは
韓国オリジナル版全話と
日本完全版は途中からですが、観たので気が付きましたが、
劇場版の字幕は日本完全版の字幕と同じでした。

言っている内容は同じですが、訳し方が少し違っていたので分かりました。

で、大画面で観たジュン役のグンちゃんに
メロメロになって帰ってきました(//∀//)
って、こんな感想って(ーー;;;

これも前編と同じく先着60名に渡された
クリアファイル(A6サイズ・ハガキくらいの大きさ)です。
ビニールから出していないし、中に入っていた紙も出していないので
文字が透けて見えています(^^;

   表です。
c0079091_17471512.jpg

   裏です。
c0079091_17472820.jpg





ここから下はテキスト広告です(^^;;;
広告は出たり出なかったりするようですが・・・・・・。
[PR]
by uuuppi | 2013-11-13 18:33 | 映画 | Comments(0)
ラブレイン<劇場ver.>運命の恋 (韓国・2012年)
【あらすじ】
1970年代。
韓国大学美術学科の学生で御曹司のソ・イナ(チャン・グンソク)は、
わずか3秒で恋に落ちてしまった。

ベンチに座る女学生を見かけて心惹かれたイナは、
窓の外に目を向けてスケッチを始めた。

彼女が姿を消したことに気づいて
急いで外に出たイナがぶつかってしまった相手は、
スケッチをした彼女だった。

ほとんど言葉を交わすことなく別れるが、
イナは彼女が落とした日記帳から
同じ大学に通う家政学科のキム・ユニ(ユナ)であることを知るが・・・。

【一口メモ?】
大ヒット韓国ドラマ「冬のソナタ」のユン・ソクホさんが監督を手がけ、
チャン・グンソクさんとユナさん(少女時代)が
それぞれ一人二役をつとめ、話題となった韓国ドラマ「ラブレイン」。

その「ラブレイン」がファンの熱烈な支持を得て、
『ラブレイン<劇場バージョン>』二部作となって
日本で世界初上映されることになりました。
「運命の恋」編は前編で、ドラマの前半、1970年代の部分です。

エンドロールでは初公開の未公開映像のNGシーンが上映されました。

【出演】
チャン・グンソク/ユナ(少女時代)/キム・シフ/ソン・ウンソ/他

【感想?】
ドラマの4話分を上手くまとめていたと思います。
細かいところはばっさりカットされていましたが、
1時間40分に収めたから、仕方がないのかな(^^;

これは先着60名に渡されたクリアファイル(A6サイズ・ハガキくらいの大きさ)です。
ビニールから出していないし、中に入っていた紙も出していないので
文字が透けて見えています(^^;

   表です。
c0079091_003724.jpg

   裏です。
c0079091_01037.jpg






ここから下はテキスト広告です(^^;;;
広告は出たり出なかったりするようですが・・・・・・。
[PR]
by uuuppi | 2013-11-01 00:05 | 映画 | Comments(0)
梨泰院(イテウォン)殺人事件 (韓国・2009年)
【あらすじ】
男子大学生がハンバーガー店のトイレで、刺殺された。
CID(アメリカ陸軍犯罪捜査司令部)が容疑者2人の身柄を確保した。

1人はメキシコ系アメリカ兵士の父親と韓国人のハーフである
18歳のピアソン(チャン・グンソク)。
もう1人は父親(コ・チャンソク)に付き添われて出頭した韓国系アメリカ人である
17歳のアレックス(シン・スンファン) 。

検察の取り調べに対して、ピアソンはアレックスが
アレックスはピアソンが男を殺したと供述するが、
果たして真実は・・・。

【一口メモ?】
1997年 実際にソウル梨泰院(イテウォン)のハンバーガー店で
大学生が刃物で刺され、殺害された未解決事件の映画化です。

「梨泰院殺人事件」と呼ばれるこの事件の1998年の再捜査で
犯人に浮上したパターソン被告(劇中:ピアソン)は
1999年、出国停止の延長が遅れている間にアメリカに逃走しました。

韓国検察は2002年に起訴中止の決定をしましたが、
2009年 映画化でこの事件が再び注目されると再捜査要求が強まり、 
韓国法務部は2009年、アメリカにパターソン被告の犯罪人引き渡しを請求しました。

この事件は現在も未解決のままです。

【出演】
チャン・グンソク/チョン・ジニョン/シン・スンファン/オ・グァンロク/他

【感想?】
韓国って、よく実際の事件を映画化しますが、
被害者側からするとそれってどうなんでしょうね?
私は事件の被害者や被害者の家族になったことがないので、
正直 よく分かりません。

ただ未解決の殺人事件を映画化する時 よく聞くのは、
遺族の方たちは、一日でも早く事件を解決するために
まず事件を世間から忘れられないようにすることを願い、
映画化を了承するようです。

でもそれって勇気があることだと思います。
確かに一日でも早く解決したいと思ってはいても
映画化のために、辛いことにも直面しなければならないから
しんどいと思います。

私が当事者だったらどうするだろうか?
映画化を了承するか否か?
う~~~ん、だめだ やはり分からないです。
決断するのが難しいです。

と、最近UPした記事にはないくらい ちょっと真面目に感想?を書いてみました。
ん?これだけ真面目な感想?は初めてかも・・・。

ちょっと不謹慎かもしれませんが、この映画のグンちゃん ビジュアル的に好きです^^
c0079091_136242.jpg









ここから下はテキスト広告です(^^;;;
広告は出たり出なかったりするようですが・・・・・・。
[PR]
by uuuppi | 2013-08-21 13:10 | 映画 | Comments(2)
TYPHOON/タイフーン (韓国・2005年)
【あらすじ】
北朝鮮を脱出した後、南北(韓国・北朝鮮)の
いずれからも見捨てられたシン(チャン・ドンゴン)は
海賊のリーダーになっていた。

シンは核衛星誘導装置を強奪し、朝鮮半島へのテロを試みる。
それを阻止する任務を課せられたのは
元米国海軍出身の特殊要員カン・セジョン(イ・ジョンジェ)だった。

セジョンはNIS(韓国国家情報院)に配属され、
シンを追ううちに、シンの素性を知る事になる。
そして、2人の男たちの壮絶で、切ない対決が始まる。

【一口メモ?】
国家情報院(国情院:国家機密)の建物が
韓国映画で初めてロケに使われました。

【出演】
チャン・ドンゴン/イ・ジョンジェ/イ・ミヨン/キム・ガプス/他 

【感想?】
いやぁ~、切ない映画でした。
この映画を観る前は、単なる海洋アクションだと思っていたので、
観終わった後の切ないこと。

いい意味で裏切られた映画でした^^
c0079091_120741.jpg

[PR]
by uuuppi | 2009-10-14 12:00 | 映画 | Comments(0)
ターミナル (アメリカ・2004年)
【あらすじ】
東ヨーロッパのクラコウジアからやってきたビクター・ナボルスキー(トム・ハンクス)は、
ニューヨークJFK国際空港に降り立った。
しかし、祖国でクーデターが起こり、国が消滅してしまった。

そのため、彼のパスポートは無効状態となり、
入国ビザは取り消されていた。

アメリカへの入国もできない、
帰るにもそもそも帰る国が無くなってしまった彼は、
仕方なく空港ターミナル内で生活することを決意する。

片言の英語しか話せないビクターは、
言葉が通じないことから散々な目に遭うが、
徐々に生活の方法を習得していく。

そうまでしてビクターがニューヨークに行きたい目的とは・・・。

【一口メモ?】
撮影に使われた空港はテロへの警戒で
本物の空港での撮影許可が下りなかったため、建設されたセットです。
実際にテナントも入り、本物そっくりに作られました。

劇中 トム・ハンクスが喋っていたクラコウジア語は全てアドリブで、
ロシア語などの発音からヒントを得ているそうです。

【出演】
トム・ハンクス/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/
スタンリー・トゥッチ/シャイ・マクブライド/他 

【感想?】
笑いあり涙ありで面白かったです。

個人的にはグプタ役のクマール・パラーナさんが面白かったです^^
おじさん そんなこともできるの~?と
いい味出してます(^-^)
c0079091_10485481.jpg

[PR]
by uuuppi | 2009-07-01 10:49 | 映画 | Comments(0)